賃貸経営の5つの安心
木質工法による、 ローリスクで高収益の経営計画をご提案します。

成功する賃貸住宅経営のポイントは、リスクを抑え、高い収益を上げること。 それを実現するのが、住友不動産の木質工法です。 木質工法は、税制面や利回りの点でも投資メリットの大きい建築方法といえます。

Image
Image

住友不動産は、まず”リスク”についてお話しします。

賃貸経営には様々なリスクが存在します。
そのリスクを理解し、リスクを回避するにはどうすればよいのか考えることから賃貸経営は始まります。

賃貸経営に降りかかるリスクとは?
  • 借入金リスク

    建築費などの投資コストはローンなどの借入金で賄うケースが少なくありません。しかし過大な借入れは将来の返済リスクを増大させます。住友不動産では木質工法による建築費の低減など、効率的で安心な投資を行うためのご提案をしています。

  • 金利上昇リスク

    将来の金利上昇を見込んだ無理のない資金計画が立てられるよう、オーナー様のライフスタイルに合ったローン商品の選定などをアドバイスいたします。また、住友不動産の提携ローンをご利用いただくこともできるので安心です。

  • 建物の老朽化リスク

    建物の老朽化は、空室率の増大や家賃の下落、メンテナンスコストの増大につながります。こうした老朽化によるリスクを回避するため、住友不動産は将来のメンテナンス対策まで十分に考慮した建物のご提案を行っています。

  • 空室リスク

    空室リスクを避けるためには、建物と管理それぞれに高いパフォーマンスが求められます。そのため建物計画では入居者に選ばれ続ける魅力あるプランをご提案し、管理計画では募集力・営業力・仲介力・管理力を備えた管理会社をご紹介しています。

  • 家賃下落リスク

    家賃下落のリスクは、老朽化や空室の増加などを招くマーケット競争力の低下が主な原因となります。賃貸マーケットにおいて、ハード・ソフト両面で差別化をはかり、長く競争力のある賃貸住宅をご提案いたします。

  • 生活環境の変化のリスク

    将来、生活環境の変化等によって賃貸経営の継続が難しくなる場合もあります。そこで経営の出口部分まで考慮し、将来の様々な変化にも対応できるコンサルティングや、生命保険等の金融商品を用いたリスクマネージメントのご提案を行います。

賃貸経営に伴う多様なリスクと、それに対する対応策をオーナー様とご一緒に考えること。 住友不動産のコンサルティングは、そこから始まります。

木質工法※は、”減価償却期間”が短いのがメリットです。

税制上、不動産所得の計算では、建物の建築費相当額を減価償却費として一定の期間に分割して計上ができる経営上のメリットがあります。この減価償却費とは、実際の支出を伴わない名目上であり、賃貸事業を行いながら、投下した資本を回収していくものです。木質工法は、償却期間が短いため償却率が高く、早期に回収が可能なことも、税制上の大きなメリットとなります。

減価償却費とは
■賃貸住宅の法定耐用年数と償却率・年間償却額

土地活用・資産運用のことなら住友不動産にお任せください。