賃貸経営の5つの安心
メンテナンス性能の高い光触媒タイル、住まいを長持ちさせる外壁通気工法が高収益を支えます。

光触媒タイルの外壁は、高級感あふれる外観で競合物件との差別化を図ります。 メンテナンス費用が削減できるのも、うれしいメリット。 また、結露を防ぐ外壁通気工法は建物を長持ちさせます。

Image
Image

入居者に人気の高級感あふれる外観を“メンテナンスフリー”の光触媒タイルが維持します。

入居者に人気の高級感あふれる外観を“メンテナンスフリー”の光触媒タイルが維持します。

高収益物件のポイントは、魅力ある建物をつくること。それには第一印象を決定づける外観のクオリティが無視できません。
住友不動産がご提案する光触媒(ハイドロテクト)タイルの外壁は、グレード感の高い外観で入居希望者の心をつかみます。全面タイル貼りの外観は周囲の競合物件の中でもワンランク上に評価されるので、賃料も維持しやすく、近隣からも管理の行き届いた物件として好意的に受けとめられます。さらに光触媒タイルは太陽と雨の力で恒久的に汚れを落とし、美観を維持。すべてセルフクリーニング作用によるものなので、人手やコストをかける必要がなく経済的。建物のメンテナンス費用を大幅に削減することができます。

太陽と雨の働きでセルフクリーニングするから経済的

光触媒タイルの外壁は吹き付けやサイディングに比べ、 “ライフサイクルコストもお得”です。

通常の吹き付けやサイディングによる外壁材は、建築後8~10年程度たつと表面が劣化して塗装の塗り直しなどが必要になります。これに対し光触媒タイルはメンテナンスフリーなので塗り直しなどの費用がかかりません。吹き付けやサイディングに比べ、初期費用はかかっても、ライフサイクルコストで比較すれば結局はおトクです。また美観を維持することで入居者の人気を保ち、賃料の下落を防ぎます。

光触媒タイルの外壁は吹き付けやサイディングに比べ、“ライフサイクルコストもお得”です。

住友不動産の外壁通気工法は結露を防ぎ、 “建物を長持ち”させます。

結露は壁の表面で発生するとカビやダニの原因になり、壁内で発生すると木材を腐朽させるなど建物にさまざまな悪影響を与えます。住友不動産は通気層により水蒸気を壁内から追い出す外壁通気工法です。さらに、壁内側に湿気を入れないベーバーバリア(防湿フィルム)を採用するなど、さまざまな独自の結露防止対策を施しています。

住友不動産の外壁通気工法は結露を防ぎ、“建物を長持ち”させます。
ONE
POINT
屋外工事を効率化し、メンテナンスがしやすい。住友不動産がおすすめする新しい床下排水システム。

住友不動産では新しい床下排水システムとして集中排水ヘッダー工法を採用。排水ヘッダーで配管を1ヵ所にまとめてから屋外へ排水するので屋外工事のコストが削減でき、リフォーム時の設備変更やメンテナンスがしやすいなどのメリットがあります。(上階のみ)

排水ヘッダー工法

土地活用・資産運用のことなら住友不動産にお任せください。