住友不動産の注文住宅 トップ > プレミアム J特集

プレミアム J特集

2014年度グッドデザイン賞ダブル受賞

プレミアムJ青山

premiumj 青山 多様な外部を取り込んだ豊かな都市生活

都市部は良好な環境が少なく、外部を遮蔽した生活になりがちである。この住宅は外部空間の魅力を引き出した都市型のフラッグシップモデルをめざした。プライバシーを確保し、外部へ開きながら生活可能な「オープンな都市型住宅」として提案した。 住宅の内部に様々な個性を持った外部空間を挿入していくことで、都市生活の中に、常に自然を感じることができる住環境を提供している。

アクソメダイアグラム

アクソメダイアグラム
「内側に視線が開かれた都市型住宅」

「内側に視線が開かれた」都市型住宅

都心部において、前面道路と建物の近さは避けて通れない。壁面の配置や居室に面する半外部空間が バッファーゾーンとなることで、「外からの視線」を気にせずに「外に視線を開く」ことを狙っている。

「内側の自然に開かれた」都市型住宅

主要諸室(リビング・ダイニング・キッチン・主寝室など)を必ず2方向以上の外部空間(テラスやライトコート等)と接する形でプランニングを行っている。これにより主要諸室の2面採光や適切な風の抜け道を確保し、快適な住空間をめざしている。

「内側の自然に開かれた」都市住宅

夜間の外部を取り込む室内のシークエンス

庭やライトコートに照明計画を施し、室内同様の明るさを確保している。
それによりエクステリアをインテリアの延長として取り込み、視覚的広がりを持たせた空間の演出を狙っている。


外部と共にある生活のシーン

外部と共にある生活のシーン

プレミアムJ長岡

premiumj 長岡 豪地域雪使用のガラスのインナーバルコニー

ハウスメーカーとして、地域の特性に答えた新しい戸建住宅の提案である。日本でも有数な豪雪地区である新潟県長岡地区では、外部空間は一概に魅力的だとは言えない。
そこでガラスで囲われたバルコニーを設けることで、1年を通して利用可能な半屋外空間を供給し、季節を問わず住まい手のアクティビティを「最大限」許容できる空間づくりをめざしている。

プレミアムJのインナーバルコニー

一般的な雪国のバルコニー

内外の境界線
■使えない、もしくは使いにくいバルコニー
■外部と居室のダイレクトな関係

ガラスのインナーバルコニー

内外の境界線の広がり
■外部の環境によらず、居室と一体的に利用可能なバルコニー
■外部と居室の関係に折り合いをつけるバルコニー

全体構成

全体構成

雪の侵入を防ぐ稼働ルーバー
インナーバルコニー(外気)
インナーバルコニー(室内)
マット植栽、パーティーシンク
吹抜
リビングピロティ
エントランスピロティ

夏期のインナーバルコニー

夏期のインナーバルコニー

夏期はバルコニー内のサッシを開け放つ事で、風の流れを確保し、日射熱をバルコニーで排気できるので冷房負荷を低減


冬期のインナーバルコニー

冬期のインナーバルコニー

冬期はバルコニー内のサッシを閉じる事で、外部からの日射熱を囲い込み、集熱効果のある温室の役割を果たす。


街と積極的に関わる住宅

街と積極的に関わる住宅

季節に適応するリビングピロティ

夏季や中間期には、外気との関係を持った場所が必要となる。
そこで1Fのリビングダイニングに面した大きなピロティを確保した。このピロティは、近隣とのコミュニティーの場となることはもちろん、吹き抜けを持ち、たくさんの光や風を抜くことができる。
冬季以外の季節には居室と一体となった使われ方が想定され、積雪対策だけではない外部とのかかわりを創っている。また屋根の吹き抜けに可動ルーバーを取り付けると、雪や日射の侵入を防ぐことができるので、より多様な環境調整を行うことができる。

季節に適応するリビングピロティ

室内に緑を育む-マット植栽

設置寸法が50~150程度のマット植栽を用いることで、
一般の住宅の床下空間でも植栽を植える事ができ、芝生から2m程度の樹木も植樹可能である。

室内に緑をはぐくむマット植栽

吹抜空間

[開放]
・夏期の日射コントロール
 +通風
・冬期の日射取得

[閉鎖]
・夏期の日射遮蔽
・冬期の積雪や雨の遮断
・冬期における冬支度を整える場所(雪おろし等)

吹抜空間