住友不動産の注文住宅 トップ > 性能・構造 > 超断熱×超遮熱

超断熱×超遮熱

ハイブリッドツーバイシックス

2x6壁による超断熱

断熱材の比較

厚さ約1.6倍の断熱材

住友不動産の2×6工法は、元々断熱性の高い2×4工法をより性能アップ。床・壁・天井が隙間なく接合された一体構造で、高い気密性を確保。外周壁に、従来の約1.6倍の厚い断熱材をふんだんに使用し、優れた断熱性能を実現します。


ページの先頭へ

2x6住宅の冷暖房コスト

冷暖房の比較(年間)
冷暖房の比較(年間)

遮熱・断熱概念図
遮熱・断熱概念図

冷暖房費約52%削減

住友不動産の2×4住宅は、次世代省エネ基準仕様住宅に比べ冷暖房費を約39%(年間約59,400円)も削減できる省エネ住宅です。
2×6住宅では約52%(年間約79,600円)とさらに大きな節約が可能。家計に優しいエコな住まいを実現します。


Q値1.35を実現!

Q値とは、住宅の断熱性能を数値的に表したもので、値が低いほど省エネ住宅といえます。住友不動産の2×6住宅は、次世代省エネルギー基準住宅のQ値2.7(Ⅳ地域)を大きく上回る1.35を実現しました。

※1:数値は、当社計算値によるもので、敷地条件、間取り、設備仕様等により変化します。
※2:Q値(熱損失係数)とは、室内温度と外気温の差が1℃の時、延床面積1㎡あたり1時間に内から外へ逃げる熱量をWで表したもの。
※3:当社モデルプランの数値であり、これを保証するものではありません。

ページの先頭へ

家の部位ごとの断熱性能比較

断熱性能比較

木材という断熱性に優れた材料に加え、ふんだんな断熱材で家全体を隙間なく包み込むことで、優れた断熱性能を実現します。

※熱貫流率(単位:W/㎡・K):数値が低いほど断熱性が高いことを示します。

ページの先頭へ

透湿・防水・遮熱シート

透湿・防水・遮熱シート概念図
透湿・防水・遮熱シート概念図

赤外線反射率85%

住友不動産が採用している透湿・防水・遮熱シートは、赤外線反射率85%(=赤外線放射率15%)という高い遮熱性を有し、夏は涼しく、冬は暖かく、住まいを一年中快適に保ちます。高い遮熱性は家計にも貢献、年間約5,600円※4の冷暖房費の節約が可能です。

※4:メーカー試験による数値であり、これを保証するものではありません。

2x6材の強さ


ページの先頭へ
「地震対策テクノロジー」カタログプレゼント
請求する