総合力の強さ

お客さまのご家族の状況や資産構成によっては、賃貸住宅建設のみならず、資産の売却や既存建物のリフォームなども積極的にご提案。
グループ企業を多く抱える住友不動産のノウハウを惜しみなく注ぎます。

工法の優位性

弊社では、木質工法(2×4、ウッドパネル)をご提案しています。RC造や重量鉄骨造に比べ、 耐震等級や火災保険料率は同等ながら建設コストが低く、その上、法定償却年数が短いため税務上のメリットが大きいためです。



賃貸併用住宅
賃借人のことを考えた間取りの賃貸併用住宅
「Felicity」東京都

土地面積 197.00㎡(59.59坪)
建物面積 242.21㎡(72.33坪)

2×4工法 │ 3階建 │ 3戸

オーナー様は自動車整備工場を営んでおりましたが、計画に際し事業は縮小する一方、無理のない形で資金を生み出してくれる賃貸併用を希望されました。 駅から徒歩15分程とはいえ、バス停も近い為、住戸をコンパクトにし戸数を確保するという選択も可能でしたが、賃借人との関係も大切にしたというオーナーのお人柄もあり、各階1戸にてゆったりとした間取りで構成をしました。
建て替え前に比べ、車輛による揺れも音も気にならず、快適にお住まい頂いております。

賃貸併用住宅
暮らし心地のよさで安定経営に自信。
「アーバンM」東京都

土地面積 167.00㎡(50.51坪)
建物面積 310.90㎡(94.05坪)

2×4工法 │ 3階建 │ 6戸

オーナー様の声: 自宅の老朽化をきっかけに賃貸併用住宅を考え、重量鉄骨を含め数社に相談。
何よりも自宅併用としての快適性と避音性で住友不動産を選びました。
実際に住んでみて、2×4の心地よさは期待どおりですし、階下の生活音も気にならず期待以上。
入居者の方にも必ずご満足いただけると思いますし、将来の安定経営にも自信が深まりました。


安心の構造と間取りの工夫で「音」の問題を解決

賃貸併用住宅を検討する場合は、階下に対する防音対策を徹底する必要があります。
床の振動や音漏れを防ぐためには、次のような対策が効果的です。

① 床の構造を二重床にする

床の構造を二重床にすると、床と天井との間に空間ができるため、振動が直接階下に伝わることを防止できます。また、隣の部屋に対しては壁に遮音ボードを入れると話し声などの音が漏れにくくなります。

② 部屋の配置を工夫する

例えば、2階建ての賃貸併用住宅で1階の一部を賃貸部分として貸し出す場合、音がそのまま階下の賃貸部分に漏れてしまい賃借人からクレームが発生する可能性があります。
そこで、賃貸部分の直上を、寝室や書斎など比較的音が発生しにくい部屋を配置し、それ以外のスペースにリビングを配置することで、リビングからの振動を住宅部分内部で処理することができるため、賃借人からのクレームを回避することができます。

安心の対応力で多様なる敷地を最大限に活かす

自由設計により、どんな条件の敷地でも最大限に有効活用します。

変形・狭小敷地

不整形地や密集部の狭小敷地でも、ミリ単位の調整が可能な工法を活かして、敷地を無駄なく有効に活用します。

法規制

建物の大きさや高さ、建て方などを制限するさまざまな規制を、柔軟な設計力でクリア。

耐火構造

住友不動産の木の家は「耐火構造認定」。鉄筋コンクリート造などと同様、耐火建築物として防火地域に建てることができます。

安心のエキスパート制で各分野の
専門家が全面的にサポート

各分野の専門家が緊密に連携し、お客様の利益を確保します。

住友不動産は、募集力・管理力にすぐれた管理会社をはじめ、賃貸経営のあらゆる分野の専門家が連携する「エキスパート制」を採用。
経営企画の立案から募集・運営管理まで、各エキスパートを物件ごとにコーディネートし、収益性を最大限に高めます。