住友不動産の注文住宅 トップ > 性能・構造 > ウッドパネル工法 > 安心パック

安心パック

独自の耐震技術と制震システムでさらに安心

耐震 高倍率耐力壁 「パワーパネル」を標準採用

木ならではの心地よさやぬくもりに、優れた耐震性をプラスした「ウッドパネル工法」が、高倍率耐力壁「パワーパネル」の標準装備でさらに進化。「パワーパネル」を1階に組み込むことで、地震などの際に大きな外力が加わっても変形やゆがみに粘り強く耐え、優れた強度を発揮します。
壁倍率比較

実物大実験により高強度を実証済み。

「パワーパネル」の優れた強度は実物大実験によってもきちんと実証しています。荷重をパネル全体でバランスよく受けとめて分散・吸収することで、変形やゆがみを最小限に抑えることを確認。万一の大地震の際にもひときわ安心です。

パワーパネル概念図

実物大実験

耐震 揺れそのものを低減 制震システム

住友不動産の木の家は、構造用接合金物による優れた耐震構造に制震システムをプラス。地震エネルギーを吸収して揺れそのものを大幅に抑えることで倒壊を防ぐとともに、構造性能の劣化や損傷を抑え、安心・安全な住まいを永く維持します。
耐震構造+抑震システム

※当社モデルプランにおける地震応答解析結果による変形抑制効果。建物形状、配置プラン、地震波等によって異なります。

揺れを50%低減

実大比較実験で制震効果を実証

繰り返しの地震にも強い

[実験機関]京都大学防災研究所[実験内容]木造軸組工法2階建(耐震等級3相当)、耐力壁とダンパーの入れ替えによる効果確認 [地震波]BCJ-L2(日本建築センター波)震度6強7回


ページの先頭へ
「地震対策テクノロジー」カタログプレゼント