住友不動産の注文住宅 トップ > 性能・構造 > ウッドパネル工法 > 揺れを抑える

揺れを抑える

地震の揺れを約50%低減。ゆるぎない安心を育みます。

制震システム [国土交通省大臣認定[壁倍率]取得] [(財)日本建築防災協会「住宅等防災技術評価」取得]

耐震構造

耐震構造+制震システムで建物の倒壊・損傷を防ぐ。

地震への備えをさらに万全にするため、住友不動産の木の家は、構造用接合金物による優れた耐震構造に制震システムをプラス。地震エネルギーを吸収して揺れそのものを大幅に抑えることで建物の倒壊を防ぐとともに、構造性能の劣化や損傷を抑え、安心・安全な住まいを永く維持します。

制震システム実大皮革実験・振動試験における応答変異グラフ

揺れそのものを抑えて家具の転倒などの危険を防ぐ。

地震の際、建物に被害がなくても、揺れによって倒れた家具や割れたガラスでケガをするケースが増えています。阪神・淡路大震災では、負傷者の約半数の方が家具などの転倒・落下が原因、という調査結果もあります。制震システムは揺れを低減させることで、建物の倒壊・損傷はもちろん、室内への影響を最小限に抑え、ひときわ大きな安心をお届けします。

阪神・淡路大震災の被害状況

耐久性に優れ設置後はメンテナンスも不要。

制震システムに使用している特殊粘弾性ゴムは、劣化促進試験により60年経ってもほとんど性能が変わらないことが確認されています。メンテナンスの手間がかからず、将来にわたる地震の際も変わることなく高い性能を発揮します。

※当社モデルプランにおける地震応答解析結果による変形抑制効果。建物形状、配置プラン、地震波等によって異なります。

ページの先頭へ
「地震対策テクノロジー」カタログプレゼント
請求する