住友不動産の注文住宅 トップ > 性能・構造 > ウッドパネル工法 > 安心パック

安心パック

地震に強いウッドパネル工法だから安心

耐震 軸組と面を組み合わせたハイブリッド構造

「ウッドパネル工法」を支える「ハイブリッド構造」とは、構造材の接合部を強化した軸組構造をベースに、面構造の持つ強さをあわせた構造の事です。建物に加わる外力を点と面の両方で受けることで建物全体にバランスよく分散させ、大地震などの外力による変形やねじれを抑制します。

住友不動産のウッドパネル工法

軸組と面を組み合わせたハイブリッド構造

耐震 構造用接合金物で強化金物工法

従来の在来工法は、その接合部に荷重が集中しやすく、地震などの際には接合部の破損が生じやすいという弱点があります。住友不動産では、接合部に構造用接合金物を使用して高精度に緊結させた、すぐれた耐震性能の構造躯体を実現しました。

金物工法

※部位によって、構造用接合金物と異なる接合方法となる場合があります。
※接合部強度1.5倍の数値は、住友不動産のウッドパネル工法と一般的な軸組工法の接合部引張り強度の最大値比較であり、金物の種類によって異なります。

住友不動産のウッドパネル工法

耐久 構造躯体をがっしり支える高耐久基礎

家を足元から支える基礎には、耐久設計基準強度を高めたより緻密な高強度コンクリートを採用。鉄筋の錆の発生を抑制し、耐久性が大幅に向上しました。さらに防湿フィルムが地中からの湿気の上がりを防いでコンクリートの劣化を低減。また、床下全面に配筋した強固なベタ基礎構造としたうえで、基礎の立ち上がり幅はひときわ厚い180㎜を確保しています。
基礎概念図
高耐久基礎概念図

ページの先頭へ
「地震対策テクノロジー」カタログプレゼント